株式会社 百五総合研究所

HRIビジネスセミナー

[ビジネススキルを基礎から学びたい皆さまへ]


「報告・連絡・相談」の仕方の基本

若手社員のうちにぜひ身につけておきたい「報告・連絡・相談」のスキルについて学ぶセミナーです。
新入社員の早期戦力化には実務経験を積むことが大切ですが、前提として基本的スキルを習得していることが不可欠です。その基本スキルの一つに、「報告・連絡・相談」の仕方があります。とても重要であるにもかかわらず意外と徹底できていません。上手な「報告・連絡・相談」ができると、組織に業績アップとクレーム減少、ひいては顧客満足の向上をもたらします。
ビジネスマナーの次の必修ステップとして、「報告・連絡・相談」のポイントを簡単な演習を交えて、分かりやすく具体的に解説いたします。

日時

2017年4月14日(金)

午後1:00~午後4:30
(受付は30分前に開始)

会場

三重県教育文化会館(津)

定員

お問い合わせください

講師

株式会社百五総合研究所
経営コンサルティング部
課長 兼 主任研究員

高橋靖明

昭和35年生まれ。昭和58年百五銀行入行。その後、各支店勤務を経て、平成7年百五経済研究所(現 百五総合研究所)へ出向し、平成27年転籍して現在に至る。
主に賃金制度、人事制度を中心としたコンサルティング活動や社内研修会、各種講演会、セミナー等の講師を務める。また、全国労働基準関係団体連合会から委嘱を受け、平成15年度から18年度まで三重県の「中小企業賃金アドバイザー」を、平成20年度には「仕事と生活の調和推進コンサルタント」を務める。社会保険労務士 有資格者。

内容

1 報告・連絡・相談が大切な理由

(1)「報告・連絡・相談」は職場のコミュニケーションの基本

(2)報告と連絡の違いは?

(3)相談とは?

2 コミュニケーションの基本

(1)コミュニケーションとは?

(2)コミュニケーションの手段は選んで使う

(3)上手な「報告・連絡・相談」がもたらすメリット

3 上手な報告・連絡・相談のためには「聴く」ことが必要

(1)聴くこととは?

(2)指示・命令の受け方のポイント

4 報告のポイント

(1)何を報告しなければならないのか?

(2)報告する際の8つのポイント

(3)中間報告が必要になる時は?

(4)飛び越し指示に対してどう報告するか?

(5)お客様への報告

5 連絡のポイント

(1)〇〇したことと連絡できたかどうかは別と心得る

(2)適切な連絡手段の選択

(3)もれはないか?

6 相談の7つのポイント

7 まとめ

(1)部下が言ってはいけない言葉

(2)上司に言わせてはならない言葉

受講料

特別会員

3,000円(税込)

一般会員

19,000円(税込)

非会員

24,000円(税込)

備考

・テキスト代は含みますが、振込み手数料・交通費・駐車料金はご負担ください。

・当日欠席の場合、払い戻しは致しませんので、ご了承ください。